ねこまた別邸~猫ばか~

我が家の猫自慢メイン ねこにまつわるエトセトラ 猫グッズや扱いのショップの紹介

【世界の猫】たくましくおおらかな、まさにアメリカの猫~アメリカン・ショートヘアー

「アメショー」の愛称で大人気のアメリカン・ショートヘアー。

アメリカ大陸に古くから土着していた猫ですが、もともとは1620年にイギリスの清教徒たちがメイフラワー号に乗ってアメリカに渡った時に、連れていた飼い猫が始まりとされています。

当時はねずみ取り用の猫として、開拓者たちとともにたくましく生きていたんですねえー
生のネズミなんてちっともおいしくなさそうですが。


アメリカン・ショートヘアー


胸は厚く首も太い、がっしり型の体型
筋肉も強く運動神経は抜群

被毛もやや硬く密生しているのは、寒さや雨などの自然環境から身を守るため。

北米大陸の自然にはぐくまれた名残なんですね~


毛色は30種類以上あるといいますが、もっとも人気の高いのは『シルバー・クラシックタビー』。
銀の地色に黒い縞模様です。


クラシックタビーは日本の猫の模様に比べると、かなり大胆で派手。

脇腹に渦巻き模様、背中に太い三本縞、肩にバタフライ、そして額にM字マーク。


アメリカン・ショートヘアー


性格は穏やかで人懐っこく、コワいもの知らず。
独立心が強く、どんな環境にも耐えていくたくましさがあります。

丈夫で頭がよく、育てるのが楽だそうですよ!


お値段10万円~20万円なり。




にほんブログ村

-PR-

スポンサーサイト

デンジャラスゾーンでこう見えて熟睡中。

ソファの背もたれで寝るねこ

ソファの背もたれで寝るねこ

ソファの背もたれで寝るねこ


落ちる落ちる落ちる落ちる…!


ソファの背もたれで寝るねこ
うるさぐわあぁぁぁぁぁ


周りをぐるぐる回ってべスポジ探してたら起きた。



ちなみに反対向きの時もハラハラするのは一緒。


背もたれのバランスねこ




にほんブログ村

-PR-

「ちびのあの頃特集」…もっと写真撮っておけば…っ

昔のケータイの解像度は今と比べ物にならないくらいだったので、

ちび5 ちび4
拾われてお腹パンパンで寝るねこ1~7日目くらい

画像が荒いのは仕方ない。


ちび3
拾われて洗われた猫

ちび2
目の開かない芋虫状態のころに我が家に持ち込まれた姉妹ねこ

ちび1

育児ノイローゼになりそうなほどのキーキーギャーギャー期間を乗り越え…

ちび7 ちび6

目も開くころには、頭から丸のみしてしまいそうなほどのプリティちびすけに育ち。

ちび
芋虫時代

目が開くまではキャリーかご内で育った三毛姉妹。(布団の下には常にカイロ入り)
仕事などで家を空けてる間はかごのふたを閉め、家庭内ハンターから守りつつ…
ミルクと下の世話を数時間おきに。

起きるとキーキーギャーギャーほんとにうるさいので、家にいるときは起こさないようそーっと動き。


ちび3 ちび2


しかし大変な思いで育てても、一番かわいい手のリサイズのころはあっという間に過ぎ…


そんな思い出に浸るとき、あのころもっともっと写真をたくさん撮っておけばよかったー!!という悔いが残ります!




にほんブログ村

-PR-

「ねこのきもち」2017年9月号。ふろくの処遇について考え中。

「ねこのきもち」2017年9月号
「ねこのきもち」2017年9月号


「そごう横浜店」で岩合さんの写真展があるという案内も入ってた。
8/9~21マデ。お盆期間中にトーク&サイン会もあるようです。


「ねこのきもち」2017年9月号


フードのサンプルはいいとして… 分厚いふろくの正体は段ボールハウス。
正直もうこの手の段ボールふろくにはかかわりたくないが…


「ねこのきもち」2017年9月号

イヤイヤ組み立てるか
またしてもオークションに出しちゃうか

ほんのちょっぴり迷い中。


このふろくが欲しい場合、8/31までに申し込むとこれ以外にも色々もらえるようです!
→ ねこのきもち 特典ページ




にほんブログ村

-PR-

「変なとこに入ってますね」特集。

in箸入れ  変1
箸いれ。

テーブルに乗れるようになったこねこは無双。


in炊飯器1 in炊飯器2
炊飯器


あんよ1
たんす

ピオーネの箱にみっしり詰まったねこ 箱ねこ2
ピオーネほかお取り寄せ


いい香箱3
スリッパ(*''▽'')


箱猫2 猫みちみち
とにかく箱 大小問わず。


変2
猫トンネル?


変3 変5
新聞袋 秩序タイプと暴れんぼタイプ


変4
みかん入れたりお菓子入れたりする鉢


満員のうに

入ってるところは変じゃないけど、入り方が変なみっちり猫ベッド。

とりあえず今日のところは、さらすのはここらへんで勘弁しておいてやります。




にほんブログ村

-PR-

夜中のふみふみ監視

さあいい加減寝よう、と思った夜中。

キュッキュッ… という音がひそかに聞こえてきて…


猫クッションふみふみねこ

猫クッションふみふみねこ


寝てるのか 起きているのか 寝ぼけているのか…。


猫クッションふみふみねこ


ちょっとかけておいてあげたお布団から、足までピーンして出てきた。


猫クッションふみふみねこ


いよいよ身を乗り出してきて…。


猫クッションふみふみねこ

猫クッションふみふみねこ


まるでキーボード奏者のごとく、本格的にふみふみクッションを奏で始めた。


時刻は4時半。
もう間もなく夜が明ける…



にほんブログ村

-PR-

はたらくねこさん「南極に行ったオスの三毛猫 タケシ」 

第一次南極観測隊で、悪天候のために置き去りにされ、奇跡的に生き残った犬「タロ」「ジロ」の名前はあまりにも有名ですが

実は同じ観測船で、猫も連れて行ったのはあまり知られていないでしょうか。


第一次南極観測隊が、観測船「宗谷」で日本を出発したのは1956年11月のこと。

晴海埠頭を出る時、川崎市から見送りに来ていた女性が、名前も告げず
「オスの三毛猫は縁起がいいから連れて行って下さい」
と、生後間もない子猫を隊員に渡しました。 ちょw 突然すぎww


南極観測船 宗谷


でも実際、日本の船乗りの間では、三毛猫のオスは魔よけになるという言い伝えがあるといいます。


「タケシ」の名前は、観測隊の永田武隊長の名前はから付けられました。

隊員たちが、いたずらをした猫をしかる「タケシ!タケシー!!」という大声を苦々しく聞いていたのでしょうか。


タケシはたちまち隊員たちの人気者になり、動くおもちゃ的に「気をつけ!」「敬礼!」などの芸を仕込まれ、皆を笑わせていたそうです。

昭和基地での食事のときもみんなと一緒にテーブルを囲み、たいてい何でも食べたそうです。
なかでも好物はソーセージや佃煮を巻いた海苔巻。


我が家のむーちゃんもとらも、海苔に異常な情熱と執念を見せ、おにぎりや手巻き寿司の海苔なども、油断しているとむしり取っていきます。
海苔に関しては、まったく食べないかものすごく大好きかの2タイプに分かれるようです。猫は。
(我が家統計)


南極のペンギン


タケシは寝る時、極寒の地のせいか、隊員の寝袋に入って寝ていたといいます。

そのくせ零下50度まで下がる外を、タロやジロたちと散歩に行くこともあったとか。


送信機の中で感電し、一時はダメかと思われましたが奇跡的に回復して助かったということも。


そして上陸から1年後、悪天候のため越冬隊は緊急脱出することになります………


タロ、ジロを含むカラフト犬15匹は、やむなく置き去りにされましたが(ちくしょー!バカヤローーー!!(ノД`)・゜・。)タケシは隊員に抱かれ、小型飛行機で宗谷までたどり着きます。
そして東京の日の出桟橋に帰国。


帰国後、隊員に引き取られたタケシでしたが、隊員の留守中、1カ月もしないうちに姿を消してしまったそうです。

「きっと、自分が育った昭和基地に戻ろうとしたのでしょう」


たけしの話は絵本にもなっています。



こねこのタケシ―南極大ぼうけん (すずのねえほん)


→ こねこのタケシ―南極大ぼうけん を楽天市場で探す
→ Amazonで探す
→ Yahoo!ショッピングで探す



にほんブログ村

-PR-

天へ飛び立つのか変身か

夏の七不思議のひとつ。

「暑いけどくっついて寝ちゃう兄弟ねこ」


床に落ちてる兄弟ねこ


このままふたりでくるくる回転しながら飛んで行って、上空で何かに変身しそうである。

ネロとパトラッシュの周りを飛んでいた天使に見えなくもない。


床に落ちてる兄弟ねこ


お腹ぽってりな感じが。



にほんブログ村

-PR-


ねこ紹介3「ぷっちー」

私が実家を出てから手に入れた3番目の猫 ぷっちー


黒いの1


最近は白髪が混じって毛づやも悪くなってきましたが、全盛期は見事に真っ黒つやぴかの黒猫です。


むーちゃん&ぷっちー 黒猫
ぷっちーとむーちゃんのショット


ねこ紹介2 むーちゃん」のむーちゃんの姉妹が実家の庭で生んだ子で、むーちゃんとぷっちーは叔母と姪の関係です。


黒猫は不吉なイメージがあるようですし、昔ヨーロッパでは魔女狩りのとばっちりで、黒猫が虐殺されたという歴史も。


しかし日本ではじつは「厄除け」になると言われていますね!

まあそれは、そうであったらラッキーというおまけ的な感じですが、黒猫ってカッコいいと思います。


そりゃあもう漆黒で濡れたようなつやがあって、スリムなボディ。
尻尾は先までまっすぐでしなやか 肉球も真っ黒です。

美しいんです


まあ難点は、写真に撮るとき真っ黒すぎて、表情やら何が何だか分からないものが多くなってしまうというところ。


黒猫3


ぷっちーは、「ねこ紹介1 ちよ」のちよに一番なついて甘えていましたが、ちよが虹の橋を渡って行ってからは孤高を保っています。


何をしてもめったにゴロゴロとのどを鳴らすという安売りはしませんが、そっと足元や胸ぐらの上で寄り添って寝ることが多いです。

年のせいか季節のせいか、最近は猫ベッドや人間ベッドには来ず、ラグなど床の上に死体みたいに転がって寝ています。


黒猫プッチー


現在18ちゃいくらい。
まだまだ食欲もりもり。




にほんブログ村

-PR-

左ならセーフ。

背もたれのバランスねこ


わざわざソファの背もたれの上で寝るのが最近のブームらしいねこ。


背もたれのバランスねこ
ギロッ(何か?)


不思議と落ちるときは向こう側なんだよなぁ…。


手前に落ちればセーフなのにね!




にほんブログ村

-PR-